ゴルフPRESSBACK NUMBER

石川遼は今が最高に「いい状態」。
日本初のPGA大会で見た明るい顔。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/10/23 11:50

石川遼は今が最高に「いい状態」。日本初のPGA大会で見た明るい顔。<Number Web> photograph by Kyodo News

石川遼の状態は上向きで、表情も柔らかい。選手会長の重責を担いながらの復活には頭が下がる。

目の前のプレーがPGAにつながっている。

 米ツアー選手や米メディアの間では、日本ならではの「2グリーン」が話題になっている。石川は、会見の際はまだ自分の目で見ることが叶っていなかった習志野の2グリーンに対しても、精一杯の予備知識を生かし、こんなふうに語った。

「2グリーンだと、違う芝質を使用しているコースが多いと思いますけど、2つとも同じ種類の芝というのは珍しいです。このコースはグリーンが小さいので、ものすごく大きなグリーンと捉えてもいいのかなと思います」

 離れて存在しているものも、発想を変えれば、地続きに見えてくる。1つ1つは小さくても、2つ合わせれば大きな1つ。そう考えれば、視野は広がり、自信も膨らむ。

「勝てるように頑張りたい気持ちでいっぱいです。またPGAツアーにトライしたいという気持ちもあります」

 生き生きした表情は観る人々にもパワーとエネルギーをもたらしてくれる。

「がんばれ、遼くん」――応援したい気持ちが自ずと湧いてきた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川遼

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ