メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

前田健太、3年前の決意の言葉通りに。
「地区シリーズ最高の投手」の評価。

posted2019/10/21 11:15

 
前田健太、3年前の決意の言葉通りに。「地区シリーズ最高の投手」の評価。<Number Web> photograph by Getty Images

ナショナルズとの地区シリーズでは2勝3敗と敗れたが、4試合に救援し無失点の好投をしたドジャース・前田健太。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ポストシーズンの戦いも、いよいよ佳境に入った。

 日本のファンのみならず、米国でも期待されていた名門対決、ロサンゼルス・ドジャースとニューヨーク・ヤンキースの1981年以来、38年ぶりのワールドシリーズはドジャースがナショナルズに地区シリーズで敗退したことにより実現しなかったが、それでも、ドジャースの前田健太は今年も10月の戦いで男を上げた。

 4試合、4回2/3を投げ、被安打1、無四球、7三振、無失点。この活躍に大リーグ公式ツイッターは地区シリーズ・ベストナインで救援投手として選出。地区シリーズ第5戦を全米テレビ中継したTBSの解説者は圧倒的な仕事ぶりをこう評した。

「Best pitcher in this series」(地区シリーズで最高の投手)

「結果を残すことだけを考えてここに来た」

 ドジャースの悲願、'88年以来31年ぶりのワールードシリーズ制覇は叶わなかったが、前田は今年もファンから大きな支持を得た。

「Good Job, Kenta!」(いい仕事だったね!)

「Awesome, Kenta!」(すごいよ、ケンタ!)

「You are the #1」(あなたが一番!)

 敗退からすでに10日以上が経った今でもロサンゼルスのファンは声援を送る。前回のコラムでも触れたように、きっと近所のスターバックスでは連日のようにコーヒーをご馳走になっていることであろう。

 右肩上がりのシーズンを送り続ける前田を取材しながら、3年前の彼の言葉を思い出した。'16年1月7日、ドジャース入団発表を行った際の彼の言葉だ。

「ここに来てからが勝負。選手の評価が決まる。結果を残すことだけ考えてここに来た」

【次ページ】 身体検査でイレギュラーな点が。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

前田健太
ロサンゼルス・ドジャース
大谷翔平
筒香嘉智
秋山翔吾

MLBの前後のコラム

ページトップ