SCORE CARDBACK NUMBER

「親分」「ボス」はもう古い。
変質するメジャーの監督像。
~個性派が去り、中間管理職に?~

posted2019/10/23 07:30

 
「親分」「ボス」はもう古い。変質するメジャーの監督像。~個性派が去り、中間管理職に?~<Number Web> photograph by Getty Images

今季限りで引退したジャイアンツのボウチー監督は今年、史上11人目の通算2000勝も達成。将来の殿堂入りは確実。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 レギュラーシーズン終了を待っていたかのように、プレーオフ進出を逃したチームの監督人事が、慌ただしく動き出した。世界一3回の名将、ジャイアンツのブルース・ボウチーが引退したのをはじめ、任期満了となるカブスのジョー・マドンが退団。エンゼルスのブラッド・オースマス、メッツのミッキー・キャラウェーらが解雇された。

 結果がすべての勝負の世界。洋の東西を問わず、率いるチームが低迷すれば、監督が責任を問われるのはプロスポーツ界の常識でもある。ただ、昨今のメジャーの解雇劇は、結果だけが理由ではない側面も見え隠れする。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 632文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ブルース・ボウチー

MLBの前後のコラム

ページトップ