SCORE CARDBACK NUMBER

西海岸から逆輸入、のち20連勝。
中谷潤人「思いを拳に世界へ」

posted2019/10/21 07:00

 
西海岸から逆輸入、のち20連勝。中谷潤人「思いを拳に世界へ」<Number Web> photograph by BOXING BEAT

5日のメリンド戦。三重から神奈川に移住した両親のサポートを受け、世界を目指す。現在のWBAランクは2位。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

BOXING BEAT

 いつの時代も、新鋭ボクサーがめきめき頭角を現すのを目の当たりにするのは楽しいものである。いまなら中谷潤人(21歳)がいい。10月5日の後楽園ホールで元IBF世界L・フライ級チャンピオンのミラン・メリンドに6回TKO勝ちし、デビュー以来の連勝記録を「20」に伸ばしたばかりだ。

 メリンドは八重樫東を初回で倒して世界王座に就いたが、ここ最近は田口良一、拳四朗と連敗。元世界王者を踏み台にしてさらに上に飛躍させようというジムの意図は読めた。結果は予想通りだったが、意外だったのはその手際のよさ。比国のベテラン相手にほぼ何もさせず、打たせずに打ちまくってレフェリーストップに持ち込んだのである。タフな相手からダウンを奪うことはできなかったが、これほどの圧勝は予想できなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

中谷潤人

ボクシングの前後のコラム

ページトップ