スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

「優勝国は無敗」という歴史――。
ラグビーW杯ベスト8展望、本命は?

posted2019/10/18 11:00

 
「優勝国は無敗」という歴史――。ラグビーW杯ベスト8展望、本命は?<Number Web> photograph by Getty Images

過去の大会を振り返ると、優勝国はいずれも無敗で頂点にたどりついている。それに該当するのは日本を含めた5カ国だ。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ラグビーワールドカップ(RWC)も、いよいよ負けたら終わりの「ノックアウトステージ」に突入する。

 これまでのRWCの歴史を紐解いてみると、優勝したチームは、プールステージを含めて一度も負けたことがない。

 つまり、これまでの8回の優勝国は無敗で頂点にたどりついているのだ。

 今大会、プールステージ終了時点でその条件に合致しているチームは……5つである。ニュージーランド、イングランド、フランス、ウェールズ、そして日本だ。

オールブラックスの凄まじい集中力。

 3連覇を狙うニュージーランドは、盤石の態勢でノックアウトステージに入ってきた。プールステージ初戦の南アフリカ戦では、後半の相手の追い上げをしのぎ、23-13で勝利して、プールBの1位通過を決定づけた。

 ニュージーランドの素晴らしさは、チャンスと見るやいなや、全員の意識が一瞬にして統一されることだ。英語では、“On the Same Page”という言葉を使うが、15人の考えていることがシンクロしていく。そのときの集中力はすさまじい。

 また、プールステージで対戦したナミビアの選手たちは、試合終了後、口々にこう話していた。

「オールブラックスのメンバーは本当に尊敬できる。試合が終わった後、ロッカールームに訪ねてきてくれて、会話をしたけれど、みんな謙虚で、素晴らしい人たちだった」

 最強とうたわれるオールブラックスの面々が謙虚で油断をしないのならば、本命の座は揺るがない。

【次ページ】 エディー就任後、好調のイングランド。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ