テニスPRESSBACK NUMBER

内山靖崇、17歳の挫折から10年後。
錦織圭や盛田名誉顧問も称える根性。 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2019/10/04 19:00

内山靖崇、17歳の挫折から10年後。錦織圭や盛田名誉顧問も称える根性。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ダニエル太郎とともにATPツアー8強進出を果たした内山靖崇。日本テニスの底上げがなされている証拠の1人だ。

西岡、ダニエルの進境も著しい。

 また、170cmという小柄な体格ゆえに「世界で通用するはずがない」と言われ続けていた西岡は、今やトップ50入り目前だ。

 スペインのクレー育ちのダニエルは、数年前までいかにもという粘り勝負のストローカーで、ベースラインのはるか後方から打ち合うテニスを「クレー以外で通用しない」と言ったコーチは何人もいる。しかし最近では、粘り強さを維持しつつ、決して後方に下がらない速いテンポのストロークが印象的だ。

 皆それぞれ課題点を改善、あるいは克服、あるいは持ち味にし、このステージを戦っている。こうした日本勢の今回の活躍について、ダニエルは偶然ではないと言いきった。

「それぞれのベースの力が上がってきているし、互いに刺激し合えるライバルで、友達でもある。そういう部分でのいい効果もあると思います」

 錦織のいないこの大会で、思いがけず味わい深いものをじっくり見せてもらった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
内山靖崇
ダニエル太郎
錦織圭
ノバク・ジョコビッチ

テニスの前後の記事

ページトップ