熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

困窮ロナウジーニョの預金額640円。
パスポート没収、女性トラブルも。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/10/01 08:00

困窮ロナウジーニョの預金額640円。パスポート没収、女性トラブルも。<Number Web> photograph by Getty Images

現役時代から自由奔放だったロナウジーニョだが、ピッチを離れた今は色々と問題を起こしているようで……。

ブラジルのトランプ支持にバルサは嫌悪。

 政治的な面でも、世間を騒がせた。

 昨年のブラジル大統領選挙を前に、極右政治家で女性、有色人種、同性愛者への差別的な言動が多く、「ブラジルのトランプ」と呼ばれるジャイール・ボルソナロ候補への支持を表明した。

 ロナウジーニョは2017年から古巣バルセロナのアンバサダーを務めているが、クラブ関係者は「ボルソナロ候補の政治信条は、我々と相容れない」と強い嫌悪感を示した。

 その後、ボルソナロは選挙で勝って今年1月、ブラジル大統領に就任。選挙前に支持を表明してくれたことへのお礼に、9月、ロナウジーニョをブラジル観光局のアンバサダーに任命した。

 これに対し、ブラジル国内では「パスポートを没収された男が観光局アンバサダーだなんて……」という嘲笑が渦巻いた。

今も変わらず自由奔放だが。

 差し押さえられた銀行口座が空っぽだったからといって、ロナウジーニョが破産したわけではない。とはいえ、現役時代に蓄えた財産が猛烈な勢いで減っているのは間違いない。

 現役時代のロナウジーニョは周知の通り、スーパースターだった。ブラジル代表の一員として2002年ワールドカップで優勝し、バルセロナを2005~06年の欧州CL王者に導き、個人としても2004年と2005年に年間世界最優秀選手に選ばれた。

 世界サッカー史上、彼より優れた選手はいたかもしれないが、彼ほどファンを楽しませ、またファンから愛された選手は少ないだろう。

 かつて自由奔放にプレーした男は、今も変わらず自由奔放だ。しかし、実社会には法律やルールが厳然としてあり、それらを遵守しなければ処罰を受ける。選手としてあまりにも大きな成功を収め、欲しいものをほぼすべて手に入れた男は、それがよくわかっていないらしい。

【次ページ】 意外とシャイな「サッカー伝道師」。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ロナウジーニョ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ