スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

ルーキーの豊作とFA市場の萎縮。
大物よりも有望株にシフトするMLB。 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/14 08:00

ルーキーの豊作とFA市場の萎縮。大物よりも有望株にシフトするMLB。<Number Web> photograph by Getty Images

9月12日時点で47本と本塁打数トップに立つピート・アロンソ。綽名(あだな)は「白熊くん」。

野茂と名勝負を演じた好打者の息子。

 もうひとり、私が期待しているのはブルージェイズのボー・ビシェット(98年3月生まれ)だ。

 まだ38試合しか出ていないが、スラッシュは307/343/578で、10本塁打。名前を見ればわかるとおり、父親は'90年代にロッキーズの主軸を打ったダンテ・ビシェットだ。'95年には三冠王まであと一歩と迫った好打者で、野茂英雄との名勝負を覚えている方も多いのではないか。

30代のビッグネームよりも……。

 こう見てくると、近年のFA市場が萎縮気味になるのもわかるような気がする。

 大枚をはたいて全盛期を過ぎた30代のビッグネームを買うよりも、10代後半や20代前半の才能ある若手をじっくり育成するほうが、よほど建設的と思えるからだ(経営者ならば効率的という言葉を使うかもしれない)。実際、過去2年のOPSをチェックしてみても、25歳以下の打者の平均OPSは、31歳以上の打者の平均OPSを上回る傾向にある。

 この傾向は、当分つづくだろう。というか、すでに舵は切り替わっているのかもしれない。今季15本塁打以上の新人は、現段階ですでに15人。シーズンが終わるころには、20本塁打以上の新人が10人を超えていることはまずまちがいない。

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
ピート・アロンソ
フェルナンド・タティースJr.
ケストン・ヒウラ
ブライアン・レイノルズ
ヨルダン・アルバレス
エーロイ・ヒメネス
ブラディミール・ゲレロJr.
ボー・ビシェット

MLBの前後の記事

ページトップ