SCORE CARDBACK NUMBER

“堀口敗れる”の衝撃。
大番狂わせはなぜ起きたか。
~アウトサイダー出身の大金星~

posted2019/09/09 07:00

 
“堀口敗れる”の衝撃。大番狂わせはなぜ起きたか。~アウトサイダー出身の大金星~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

メーンのノンタイトル戦で起きた衝撃のKO劇。朝倉(右)も敗れた堀口もベルトをかけてのリマッチを望んでいる。

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 いったい誰がこんな結末を予想できただろうか。『RIZIN18』(8月18日・ドルフィンズアリーナ)で行なわれた堀口恭司vs.朝倉海は1R1分8秒、朝倉がKO勝ちという大番狂わせを起こした。

 朝倉は兄・未来(みくる)とともに兄弟で売り出し中のホープ。この一戦を迎えるまでRIZINで4連勝を飾っていた。しかしながら堀口と比べると、実績の部分で見劣りがしていたことも事実。地下格闘技の匂いが漂うアウトサイダー出身という経歴が邪魔していたのかもしれない。案の定、朝倉戦のオファーを受けた当初、堀口は「やる意味がない」と難色を示したという。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

堀口恭司
朝倉海

格闘技の前後のコラム

ページトップ