フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

日本のアイスダンス界に新星!
15歳吉田唄菜&17歳西山真瑚。
 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAkiko Tamura

posted2019/09/06 11:00

日本のアイスダンス界に新星!15歳吉田唄菜&17歳西山真瑚。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

ペア結成半年で初出場したジュニアGP大会で6位と健闘した吉田唄菜(左)と西山真瑚。

ロイヤルバレエ団プリンシパルの親戚。

 興味深いことに、英国ロイヤルバレエ団で日本人女性として吉田都以来はじめてプリンシパルに昇進し注目されている高田茜は、西山の母方の親戚にあたるという。子供のころから親しかったというほどではないが、スケートをはじめてからは連絡を取り合う機会が増え、アドバイスももらっている。高田は怪我で主演できなかったものの、ロイヤルバレエの『ドン・キホーテ』の日本公演も招待されて見ることができた。

「東京でリンクに来てもらい、動きを指導してもらったこともありました。ここで滑った『ドン・キホーテ』の映像を送って見てもらおうかと思っています」と語る西山。名プリマのアドバイスを受けて、このプログラムがどのように進化していくのか楽しみだ。

羽生と同じリンクで得る刺激。

 2人を見ていて印象的だったのは、日本の若い選手に見られがちな照れが全くなく、音楽と演技に100%入り込んで表現豊かに演じていることである。だが2人とも、まだまだ満足していない。

「日本でトレーニングしていたら、(シャイなところも)まだあったかもしれないですね。でも今はカナダの選手に囲まれている環境。クリケットにはカナダのアイスダンスチームが2組いて、彼らをお手本にしています。彼らはぼくたちよりも、顔の表情も表現もずっと豊か。それに比べたら、自分たちはまだシャイかなとも思います」と西山。

 クリケットクラブでは羽生結弦、ジェイソン・ブラウン、エフゲニア・メドベデワなど、シニアのトップシングル選手もトレーニングしている。彼らを見て、学ぶことはあるのだろうか。

「羽生選手にはあまり会うことはないのですが、時々滑っていると2階で(ウォーム)アップしているところが見えるんです。練習の前でも、大会の前のような感じでしっかりアップをしている。さすがだなと思います」と吉田は語った。

【次ページ】 目標は世界ジュニア10番以内。

BACK 1 2 3 4 NEXT
吉田唄菜
西山真瑚

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ