フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

前年のファイナル王者に勝利!
ジュニアGP初優勝・佐藤駿。

posted2019/09/02 18:00

 
前年のファイナル王者に勝利!ジュニアGP初優勝・佐藤駿。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

レイクプラシッドでのジュニアGP大会で優勝を飾った佐藤駿。埼玉栄高校に通う15歳。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Akiko Tamura

 8月28日から米国ニューヨーク州レイクプラシッドで開催されたフィギュアスケート・ジュニアGP大会第2戦。1980年冬季オリンピックが開催地されたこの町で、15歳の佐藤駿が男子タイトルを射止めた。

 高校に上がったばかりの佐藤は初出場だったこのジュニアGP大会で、当初どのような目標をたてて挑んだのか。そう聞くと、声は小さいながらもはっきりとこう答えた。

「優勝したいと思っていました。先週、(鍵山)優真くんがフランスで優勝したのでとても刺激を受けて、自分もこの大会で頑張って優勝出来たらな、と思っていました」

 1週間前にフランスで開催されたジュニアGP開幕戦では、16歳の鍵山優真が優勝を果たした。

 ここでの佐藤の優勝により、今年のジュニアGP大会では、2戦連続して日本が男子タイトルを獲得したことになる。

強敵ゴゴレフを振り切りトップに立つ。

 SP『キャラバンの到着』では、3アクセル、3ルッツ+3トウループ、そして3ループを完璧にきめた。スケーティングに伸びがあり、体が良く動いているように見えた。

 スピン3つのうち2つでレベル4を獲得した。

 この大会の優勝候補だった2018年ジュニアGPファイナルチャンピオン、カナダのスティーヴン・ゴゴレフを0.34の僅差で上回り、79.19でトップに立った。

「緊張はそれほどでもなかったです。でも6分間ウォームアップが終わってから、少しだけ緊張しました」

 そう感想を述べた佐藤だが、もともと本番でもひどく上がる性質ではないのだという。

【次ページ】 フリーでは3度の4回転に挑戦。

1 2 3 NEXT
佐藤駿

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ