フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

日本のアイスダンス界に新星!
15歳吉田唄菜&17歳西山真瑚。
 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAkiko Tamura

posted2019/09/06 11:00

日本のアイスダンス界に新星!15歳吉田唄菜&17歳西山真瑚。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

ペア結成半年で初出場したジュニアGP大会で6位と健闘した吉田唄菜(左)と西山真瑚。

目標は世界ジュニア10番以内。

 現在の日本は、シングルに比べるとアイスダンスもペアもまだ世界に後れをとっている。この現状の中で、どのような目標を掲げているのかと聞くと、西山は言葉を探しながらこう答えた。

「ぼくたちの力だけでできるかどうかはわかりませんが、男子シングルも高橋大輔選手、羽生結弦選手のような選手たちが強くなって、結果を出してくれたおかげで人気が出てきた。自分たちもどこまでいけるかわからないけれど、世界で頑張っているということを少しでも多くの人たちに知ってもらいたい。それでダンスをやろうかなという子供たちが少しでも増えたらいいなと思います」

 そして吉田が、「それと日本ではアイスダンスができる環境が限られているので、もっと場所が増えていったらよいなと思っています」と付け加えた。

 今季の目標は、「世界ジュニアに出場して、10番以内になること」と吉田が口にした。世界ジュニアまではあと半年ほど準備期間がある。急成長中の彼らなら、十分可能なのではないか。

「2人は新時代をもたらす」

 2人を指導するトレイシー・ウィルソンは、「彼らの短期間でのここまでの成長は、私の予想を大幅に上回りました。彼らはまだ組み始めて半年なんて、信じられますか?」と手放しで絶賛する。

「2人とも表現力にとても良いものを持っている。そしてアイスダンスに必要な、相手との息の合わせ方を短期間で身に着けました。これはなかなか教えられることではないんです」

 2人の未来の展望は良いでしょうか、と聞くと「グッドではなくてグレイトよ!」と言葉に力を込めた。「彼らなら、日本にアイスダンスの新しい時代をもたらすこともできると思います。とても、楽しみにしているの!」

 日本では一般にまだまだなじみの薄いアイスダンスだが、彼らの活躍によって今後国内でももっと注目されていくことを期待したい。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
吉田唄菜
西山真瑚

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ