欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

香川のスペイン2部移籍、驚きと納得。
レアルやバルサのことは一旦忘れて。
 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/31 11:50

香川のスペイン2部移籍、驚きと納得。レアルやバルサのことは一旦忘れて。<Number Web> photograph by Getty Images

香川真司はヨーロッパでもビッグネームである。そんな彼がサラゴサに本気で馴染もうとする姿は伝わるはずだ。

急なステップアップを目指す時期を超えて。

 これまで知り合った選手といえば、例えばフアン・マタ、ダビド・デヘア、マルク・バルトラら。スペイン人ではあるが国外で活躍する選手たちとのコミュニケーションは英語で済んだ。

「レアルとかバルサの選手はできる人多いのかもしれないけど、サラゴサはローカルだし。まだ先生とかはつけてないんだけどちゃんとやろうと思ってる」

 ドルトムントに加入して以来、より高みを目指している時期もあったし、出場機会を求めている時期もあった。その時いる場所に納得していた時期は短く、いつもここではないどこかを求めているように見えた。

 でももう、そうではない。ここではないどこかを求めるのではなく、サラゴサで根を張り活躍する。そう決めているのだ。

 30歳となり、新天地で新たな一歩を踏み出した香川。今までとは違った香川が見られるのではないかと、期待している。

関連記事

BACK 1 2 3
香川真司
レアル・サラゴサ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ