格闘技PRESSBACK NUMBER

蘇る「ベビーフェイスとヒール」構造。
G1優勝の飯伏幸太とジェイの新時代。 

text by

行成薫

行成薫Kaoru Yukinari

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/08/20 11:30

蘇る「ベビーフェイスとヒール」構造。G1優勝の飯伏幸太とジェイの新時代。<Number Web> photograph by Essei Hara

新日本は、「ベビーとヒール」という黄金の「基本構造」で戦う飯伏幸太とジェイ・ホワイトの時代に突入か!?

ジェイが飯伏に見せたリスペクト。

 勧善懲悪成る。結末こそシンプルだったが、そこに至るストーリーが決して「お約束」ではなかったということを、試合を観たファンならばみな感じただろう。一歩間違えば、バッドエンドもあり得た薄氷の勝利だった。

 すべてを出し尽くした2人は、試合後、マットに横たわったまましばらく動くことができなかった。敗者としてマットから降ろされるジェイが、ほんの僅か、健闘を称えるかのように飯伏の手をそっと叩くシーンがとても印象的だった。SWITCH BLADEとなったジェイが、はじめてリング上で見せた対戦相手へのリスペクトではなかっただろうか。

 負けたとはいえ、決勝だからと変にいい子ぶって真っ向勝負に「逃げる」ことなく、思う存分ヒールを貫いたジェイもまた見事だった。善と悪。立場の違いはあれど、レスラーである以上、勝ちたいという思いは2人とも同じだ。今回は、飯伏の覚悟がほんの少しジェイの執念を上回った、ということだろう。

来年の1.4で復活する「基本構造」。

 オカダの絶対王政時代が終焉を迎え、群雄割拠の新日に「ベビーとヒール」という「基本構造」が久しぶりに復活しつつある。来年のイッテンヨンに向けたストーリーには、きっと、太陽のようなベビーと絶対的なヒールが必要なのだ。飯伏とジェイはその中で主役を担うことになるだろう。

 G1 CLIMAX29決勝。

 セルリアンブルーの舞台で繰り広げられる男たちの物語を、期待を込めてまた追いかけていこうと思えた一戦であった。

作家・行成薫による、プロレスラーの「どん底からの挑戦」を描いた青春小説『ストロング・スタイル』。『1976年のアントニオ猪木』等で著名なノンフィクション作家・柳澤健氏が「想像を超えるフィニッシュだ」と絶賛した力作です。ぜひご一読下さい!
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

飯伏幸太
ジェイ・ホワイト
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ