野ボール横丁BACK NUMBER

死闘のなか星稜・奥川に活を入れた
「ジョックロック」と漢方薬。
 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/08/17 17:15

死闘のなか星稜・奥川に活を入れた「ジョックロック」と漢方薬。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

延長戦でのピンチを凌ぎ、雄叫びを上げた奥川(右)。

「ヨッシャー!」と声を限りに叫んだ。

 その言葉通り、ジョックロックが流れると、奥川の投球はさらに力強さを増した。1-1で迎えた9回表、2アウト一塁から5番・根来塁を125キロのスライダーで空振り三振に仕留めたとき。延長12回、3者連続三振で切ったとき。タイブレークに入った延長13回、1アウト一、二塁から連続三振をマークしたとき。いずれも「ヨッシャー!」と声を限りに叫んだ。

 奥川には、自分の弱さを知っている者の強さがあった。智弁和歌山打線の印象を問われ「ぜんぜん楽しみじゃない。ほんと、こわいです」と語っていたが、奥川のボールに「恐れ」は微塵も感じられなかった。

 奥川は試合前、にこやかにこう語っていた。

「大事な一戦。終わったら、倒れるくらいの気持ちでいきたい」

智弁和歌山キャプテンの心遣い。

 実際、倒れる寸前だった。延長11回、「投げたときに(右足が)ピーンときた」と投球後、何度もバランスを崩しかけた。足がつっていたのだ。

 その裏、先頭打者は奥川だった。ネクストバッターズサークルで軽く足を引きずりながら準備をしていると、チームメイトの内山壮真が「(智弁和歌山の)黒川(史陽)キャプテンからです」とひと包みの漢方薬を届けてくれた。それを水と一緒に服むと効いたのか、以降はほとんど気にならなくなったという。

 奥川は試合に勝った。だが、黒川の心遣いにこう言った。

「智弁の強さを感じました」

 敵に「漢方」を送った黒川のやさしさには素直に負けを認めた。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 984

<夏の奇跡の物語>
甲子園旋風録。

【スペシャルインタビュー】 吉田輝星「金農旋風のど真ん中で」
【密着ドキュメント】 佐々木朗希「2つの大船渡旋風」
【佐賀北優勝メンバー同窓会】 がばい旋風、再び
【最上級生が語る】 1983年、桑田・清原の衝撃
【ヒーローが選ぶ旋風ベスト3】 水野雄仁/荒木大輔

特別定価:本体574円+税目次ページへ

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

星稜高校
智弁和歌山高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ