野ボール横丁BACK NUMBER

海星の「たまたま超攻撃的2番」、
大串祐貴の変身を監督は信じるか。

posted2019/08/12 18:00

 
海星の「たまたま超攻撃的2番」、大串祐貴の変身を監督は信じるか。<Number Web> photograph by Kyodo News

強打の2番打者・大串祐貴のホームランに喜ぶ海星ベンチ。結果として策がハマったのならば、それが有効な策なのだ。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「流行」ではなく「たまたま」。「バントしない」のではなく「バントできない」。

 それが海星の「超攻撃的2番」、大串貴だ。

 大会7日目第2試合、聖光学院戦で、大串は6回表に2-0とリードを広げる貴重なソロ本塁打をライトスタンドに叩きこんだ。

 聖光学院の監督・斎藤智也が「いちばんのスラッガーが2番にいる」と評するように、長打力はチームで1、2を競う。

 そんな大串だが、なかなかレギュラーに定着できない日々が続いていた。海星を率いる加藤慶二が話す。

「ひと言でいうと、戦えない選手だった。力はあるんだけど、試合でその力を発揮できない。メンタル面に問題があった」

バントのサインは一度もない。

 大串が急成長を遂げたのは、5月に入ってから。加藤は最後のチャンスのつもりで、2番に起用した。その理由をこう説明する。

「たまたま2番しか空いてなかったんです。それと、テストの意味もあったので、打順は早い方がたくさん回ってくるのでいいのかな、と」

 すると、大串は大変身。不思議なほど、打ち始めた。ただ、いくら大串が打とうとも加藤はクリーンアップを任せようとは思わなかったという。

「クリーンナップで警戒されたら、打てなくなると思うんですよ。投手との駆け引きができないタイプなので」

 大串が2番に定着してからというもの、加藤はバントのサインは一度も出したことがない。

「させないんじゃなくて、できないんで。もし送りバントさせるなら、代打を出します」

 加藤はどこか大串のことを信用し切れないようだ。

【次ページ】 一か八か、ストレート狙いが的中。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

聖光学院高校
海星高校
大串祐貴

高校野球の前後のコラム

ページトップ