野球善哉BACK NUMBER

1番打者の2番手投手でエース温存。
宇部鴻城・岡田佑斗がHRに完投勝利。

posted2019/08/12 17:00

 
1番打者の2番手投手でエース温存。宇部鴻城・岡田佑斗がHRに完投勝利。<Number Web> photograph by Kyodo News

完投勝利に2ランホームランと大活躍の岡田佑斗。宇部鴻城の2番手投手であり切り込み隊長だ。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 この起用法が普通に思える時代が来るかもしれない。

 大会第7日の第1試合、宇部鴻城のスタメン発表で「1番・投手」の響きに新たな息吹を感じた。先行の宇部鴻城は、先発投手の岡田佑斗を1番打者に起用したのである。

「岡田が投手を務める時は打順を下げることも考えました。本人にも投手の時は下位打線に下げようかと聞いたんですけど、『1番でいかせてください』と言いましたので、その心意気を買って使いました」

 宇部鴻城の指揮官・尾崎公彦監督は「1番・投手」の抜擢理由をそう語っていた。

 そして試合は、この岡田が注目を集めることになった。

完投勝利に2ランホームラン。

 背番号「8」の先発・岡田は、まず投手として輝きを見せた。

 1回裏、三者連続三振の完璧なピッチングで好スタートを切ったのだ。

「三振を取るタイプの投手ではないので、狙ったわけではありません。監督からは初回を3人で抑えるようにと言われていたので、3人で抑えることができてよかった」(岡田)

 守備でのリズムの良さは攻撃へとつながる。直後の2回表、宇部鴻城打線が2つの安打で2死一、二塁の好機を作ると、9番の河村勇飛がレフト線を破る二塁打を放ち、2人を迎え入れたのだった。

 そして4回表、岡田は打者としても実力を発揮する。

 1死一塁で打席に立つと、甘く入ったボールを捉えてライトスタンドに放り込んだのだ。岡田は6回に二塁打、8回にも右翼前安打を放ってチャンスメーク。1番としての役割を果たした。

 ピッチャーとしても岡田は最後までマウンドに立った。9回裏こそ1死満塁のピンチを招いて1失点したものの、後続を抑えて完投勝利を挙げた。

【次ページ】 「本当に岡田は救世主だと思う」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

宇部鴻城高校
宇和島東高校
岡田佑斗

高校野球の前後のコラム

ページトップ