野球善哉BACK NUMBER

1番打者の2番手投手でエース温存。
宇部鴻城・岡田佑斗がHRに完投勝利。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/08/12 17:00

1番打者の2番手投手でエース温存。宇部鴻城・岡田佑斗がHRに完投勝利。<Number Web> photograph by Kyodo News

完投勝利に2ランホームランと大活躍の岡田佑斗。宇部鴻城の2番手投手であり切り込み隊長だ。

「1番投手は全然しんどくない」

 岡田の存在感が際立つのは、投手としてエース池村を援護するだけでない、前述した通り、切り込み隊長を務めているのだ。指揮官から打順を下げることも打診されたそうだが、それも断ったそうだ。

 岡田はこのようにも話している。

「チームには勝ちパターンがあると思っています。自分が投手をやるからと言って急に打順を下げるとリズムが合わないので、1番でチャンスを作っていきたい。(1番・投手は)全然、しんどくないです。楽しんでやっています」

 投げては9回3失点完投。打っても、5打数3安打1本塁打2打点2得点。圧巻の活躍だった。

 昨今、投手の健康問題について議論が巻き起こっているが、野手を務められる投手がチームにいるというのは貴重だろう。岡田のように、仲間の疲労を考慮してくれるとなれば、なおさらだ。

 尾崎監督は言う。

「うちはそんなに何人もいい選手がいるわけではありません。県内の軟式出身の選手がほとんど。それぞれの選手ができることは一長一短あります。ですから、いいところは全て使おうと、岡田を投手として起用しています」

 尾崎監督のマネジメントが斬新だというわけではないが、「1番打者が投手を務める」ことは今後の甲子園で起きてもいいと思う。

 岡田の心意気がそうであるように、「他の投手に休養を与える」と慮ってくれる存在が高校野球にとって、きっとプラスになるはずだからである。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

関連記事

BACK 1 2 3
宇部鴻城高校
宇和島東高校
岡田佑斗

高校野球の前後の記事

ページトップ