武蔵丸の辛口御免 Oh!相撲BACK NUMBER

武蔵丸の名古屋場所総括。4大関に喝。
引退・安美錦は「お疲れ様!」。

posted2019/07/22 19:30

 
武蔵丸の名古屋場所総括。4大関に喝。引退・安美錦は「お疲れ様!」。<Number Web> photograph by Kyodo News

引退会見に臨んだ安美錦。40歳まで土俵に上がり続けた、素晴らしい力士人生だった。

text by

武蔵川光偉

武蔵川光偉Musashigawa Mitsuhide

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今場所は、なんと貴景勝、栃ノ心に豪栄道、高安と4大関が休場してしまい、最終的に横綱ふたりの優勝争いになった。日々の一番一番を見て、内容がよかったほうが勝つということだね。鶴竜のほうが白鵬よりもよかったもの。

 白鵬は勝ち星は挙げていたものの、余裕がなくて、白鵬らしい相撲になっていなかった。13日目の妙義龍戦では、首を極めて振り回して、これはダメだなぁ。これだけ優勝回数を重ねた自分の価値を、自分でわかっていない。

 勝ちたい気持ちはわかるけれど、やはり見本にならなきゃいけない立場なんだ。ああいう相撲を見ても、もうそろそろ限界に来てるんじゃないか、と思ってしまうな。

 4大関休場は、もうこれはアウト! だよ。

 恥ずかしいこと。

 ケガが多いということは、ちゃんと稽古して体を作っていない、戦う体ができていないってこと。

力がありすぎて強引な力技が多い栃ノ心。

 栃ノ心は初日から連敗で、休場を決めた最後の相撲は朝乃山戦だった。

 当たってから変わり気味に引いてしまったんだけど、真正面から当たってここで勝っていれば、流れも変わって来たかもしれないと思うんだ。

 結局、自分の相撲で勝たないと、自信にならないんだよね。せっかく先場所、大関に復帰して力があるのに、もったいない。もっと細かい技を覚えた方がいいんだ。ダテに力があるから強引な力技ばかりなんだよね。体が大きいから、相手に中に入られないようにするなどの工夫もこれからは大事だよ。

 高安は、今場所は調子がいいかと思っていたのに、肘のケガで休場。相撲を見てみると、肘を出しっぱなしなんだよね。ちゃんと出したり引いたりしないと、腕を取られたり小手に振られたりして、これがケガに繋がる。高安はどうも体が硬いようだし、反応が遅いんだよなぁ。大きな課題だね。

【次ページ】 安美錦はいい親方になってくれるはず。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

安美錦
武蔵丸
白鵬
鶴竜

相撲の前後のコラム

ページトップ