Number on NumberBACK NUMBER

欧州蹴球女子の躍進。
~ベスト8の7カ国を欧州が独占~

posted2019/07/18 15:00

 
欧州蹴球女子の躍進。~ベスト8の7カ国を欧州が独占~<Number Web> photograph by Getty Images

W杯2回目の出場で準優勝に輝いたオランダ代表。2020年、オリンピック初出場も決まっている。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 サッカーの女子のワールドカップは、2019年で第8回大会となったが、28年間の歴史において、世界の強豪地域というと北米、欧州、アジアだった。'19年の大会を迎えた時点で、通算の勝利数で見ると米国が33勝、ドイツが26勝、ノルウェーが22勝でトップ3、アジアからは中国がランキングの6番目で15勝、日本が7番目で13勝となっていた。勝利数というデータに基づいて見れば、北米、欧州、アジアが強豪地域であったことは明らかだ。男子の強豪地域と言えば欧州と南米ということになるが、女子の場合、南米はブラジルが通算18勝を挙げていたものの、ブラジル以外の南米勢は目立った成績がなかった。優勝争いとなると、男子はずっと欧州、南米が争ってきたのに対して、女子は北米、欧州、アジアと、優勝を争える国を含む地域が、世界に広がっていたのが特徴だったと言える。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ