バレーボールPRESSBACK NUMBER

自分自身の限界を知るために──。
男子バレー福澤が自らに課す使命。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2019/07/13 17:00

自分自身の限界を知るために──。男子バレー福澤が自らに課す使命。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

33歳になった現在も自らの課題を冷静に分析し、日々進化する努力を怠らない。

優等生からの変貌。

「サーブは自分の中でまだ迷いがある。間違いなくサーブは日本のキーポイントで、柳田、石川、西田(有志)という3本の軸は日本の強み。それが機能した時はトップチームにも引けを取らないパフォーマンスが出せる。だからと言って、今から自分が彼らのようなビッグサーブを打てるかというとそうじゃない。

 まずは、サーブに対するコンプレックスをなくさないと。それが一番邪魔をしてるなと思うので。ゲームの状況や自分のメンタルによって、まだまだ不安定で腹をくくりきれていない部分があって、そこは自分の弱いところ。でもそこが改善されれば、自分のレベルももう一つ進めるんじゃないかなと、ポジティブに考えていきたいと思います」

 以前は優等生という印象だった。大学時代から、何を聞かれても淀みなくスラスラと受け答えをしていたが、想定内の答えが返ってくることが多かった。だが今の福澤からは、予想しない答えが返ってくるし、自分の弱みも語る。33歳の福澤達哉は、人間臭くて面白い。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
福澤達哉
パナソニックパンサーズ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ