ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

村田諒太、運命の再戦に勝算は。
「勝ち方は関係なし、勝てばいい」 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2019/07/11 12:10

村田諒太、運命の再戦に勝算は。「勝ち方は関係なし、勝てばいい」<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

村田諒太の表情は険しく、しかし朗らかだ。ミドル級という世界最激戦区の1つで戦う男の戦いを見届けたい。

ブラントに楽をさせず、終盤勝負。

 村田はスタートからグイグイと前に出てプレッシャーをかけ、ボディ打ちでブラントを削っていきたい。もともと村田が得意とするボクシングだ。テーマの「変わる」は、本来のスタイルを引き出すために必要だったのである。

 村田はプレッシャーが空転させられる時間帯があっても、決して慌てずに作戦を遂行することが重要になる。おそらくブラントは簡単にはつかまえられない。一方でブラントも村田のパワーに警戒心を抱いているはずだ。うまくプレッシャーをかけ続けてブラントに楽をさせず、終盤まで試合をもつれさせれば、前回とは違った結末が見えてくるのではないだろうか。

 ブラントが来日してから、両者の表情をよく見ていると、初戦に完勝しているブラントの憎らしいほどの自信と余裕が目を引く。一方で、村田のメンタル・コンディションもことのほかいい。これは大いに期待できる要素だと思う。いい意味での開き直りというか、一言で表現すれば「悔いを残さない」という非常にポジティブな意欲を感じさせるのだ。

もはや勝ち方にはこだわらない。

 前回はブラント戦は、「勝つ」がテーマではなく「圧倒して勝つ」がテーマだった。ミドル級の帝王、当時の3冠王者、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と対戦するレールが敷かれており、ゴロフキンと対戦するにふさわしい実力をアピールすることが必要とされていたからだった。

 帝拳ジムの浜田剛史代表はそうした事実を踏まえた上で「今回はブラント一本に絞れる。しかも勝ち方は関係なしに勝てばいい。これは大きい」と解説する。

 はたして村田は前回とは違う姿を披露し、リベンジという難しいミッションを完遂することができるのだろうか。日本ボクシング史上2人目の五輪金メダリストとして、注目と期待を背負い続けた村田が、ボクシング人生の行方を左右する大一番を迎える。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

村田諒太
ロブ・ブラント

ボクシングの前後のコラム

ページトップ