Number ExBACK NUMBER

清原和博の返信、大切な戦友たちへ。
忘れない13本のホームランとバット。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2019/07/12 10:00

清原和博の返信、大切な戦友たちへ。忘れない13本のホームランとバット。<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

高校時代に甲子園で放った13本のホームラン。今でもそのすべてを鮮明に覚えているという。

甲子園のことだけは記憶から消えない。

 こうして、何気ないことまで思い返してみても、なぜ僕のホームランが皆さんに大切に思ってもらえるのか、理由はやはりわかりません。

 ただ、僕は今いろいろなことを忘れてしまっていて、それが覚醒剤の後遺症なのか、抗鬱剤のせいなのかもわからず、日々、憂鬱で頭がボーッとするような感覚に襲われることばかりなのですが、そんな中でも甲子園でのことだけは不思議と記憶から消えないんです。

 あなたたちが投げたボールの残像から、打球の行方まで、はっきりと思い出すことができるんです。それが何より僕の救いであり、だからあの日、涙が止まらなかったのだと思います。

 時間がかかってしまいましたが、大切な戦友たちへ、30年越しの感謝を込めて。

2019年初夏  清原和博

『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』

「Amazon」で購入

文春文庫

『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』

PL学園時代の清原和博が甲子園で放った通算13本塁打は、今後破られることがないであろう不滅の記録だろう。この13本は、ただの記録として残っているわけではない。甲子園の怪物に出会い、打たれた球児たちは、あの瞬間の”記憶”とともに、その後の歳月を歩んできた――。

<本体600円+税/鈴木忠平・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

関連記事

BACK 1 2 3 4
清原和博

高校野球の前後の記事

ページトップ