Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<No.1インタビュー>
棚橋弘至「もっとドロドロしたプロレスを」

posted2019/06/27 11:50

 
<No.1インタビュー>棚橋弘至「もっとドロドロしたプロレスを」<Number Web> photograph by Satoshi Minakawa

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by

Satoshi Minakawa

最終中間報告の2位から大逆転勝利! 僅か610ポイント差で、最後のプロレス総選挙の王座を掴んだ“100年に一人の逸材”。怪我を抱えたどん底とも言える状況から、昨年8月にG1を制し、今年の1・4東京ドーム大会でIWGPヘビー級王座を奪還。あらためて圧倒的な存在感を見せつけたエースは今、何を思うのか。台頭する下の世代への思い、「日本のプロレス」とは何か、自分は何のために闘うのかを語る、90分一本勝負のゴングが鳴る。(Number981号掲載)

 これが“エース”の底力なのか。

 現役最高のプロレスラーをファンの投票で選ぶ「Numberプロレス総選挙」。2015年に「新日本プロレス総選挙」として始まり、'17年からは「日本で試合をしたことのあるすべての現役レスラー」が対象となったこの企画。

“THE FINAL”と銘打たれた今年は、内藤哲也との熾烈なデッドヒートを制した棚橋弘至が、4年ぶり2度目の頂点に立った。

 この3年間、プロレス総選挙では常に棚橋と内藤のトップ争いが繰り広げられてきたが、'17年、'18年とも1位は内藤。棚橋は2年連続、僅差の2位で涙を飲んできた。

 しかし、その結果は多くの人が納得するものでもあっただろう。ここ数年、新日本プロレスの会場における内藤哲也の人気と彼の所属ユニットであるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの支持率は、それくらい圧倒的だった。

 その勢いは結成4年目を迎えても止まることを知らず、今年の総選挙も内藤3連覇との予想が大勢を占めていた。それだけに現在42歳、キャリア20年目に突入しベテランの域に入った棚橋が、ここに来て逆転するとは驚きだ。

 プロレスと自分自身を客観視することに長けた棚橋は、自らが1位に返り咲いた理由をこう分析する。

「今回は“THE FINAL”と銘打たれていたのもひとつのポイントじゃないかと思っているんですよ。『棚橋は長年がんばってきたから、最後くらいは1位取らせてやろうか』みたいな、温情の票が入ったような気がします。ここ数年の内藤人気っていうのは確かにすごいですけど、もうちょっと長い期間で見たとき、僕のほうが少し上回ったんじゃないかなって。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

新日本プロレス
棚橋弘至

プロレスの前後のコラム

ページトップ