松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。
修造、家族の強く温かな絆に触れる。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/07/01 08:00

ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

6球ずつ投げ合い、最後に白いジャックボールに少しでも近いボールを置いた方が勝ち。カーリングのような頭脳戦が繰り広げられる。

ボールの位置で絶妙な駆け引きが……。

 廣瀬さん、第5投。青ボールは松岡さんの赤ボールを見事に弾き飛ばし、ジャックボールの近くに。形勢逆転。松岡さんの第5投は、一番近い青ボールに当たったものの、青ボールはほとんど動かず……。

松岡「ああ、惜しい。ちょっと当たったくらいではびくともしないんですね」

渋谷「今、2-0で青(廣瀬)の優勢です。あと残り1球ずつです」

松岡「次は僕ですね。これが最後か。この状況(ジャックボールを隠すように青ボールが2つある)はどうしようもなくないですか。相手のボールを押すくらいしか……」

廣瀬「あとは転がして上に載せるのもありですよ」

渋谷「これだけ密集していればね」

松岡「ようするに、ボールが転がっていって、相手のボールの上によっこいしょ、と載るわけですか。そのよっこいしょスローには回転が必要なんですか」

渋谷「どちらかというと、力加減の方が重要です」

松岡「でもはっきり言って、それはピンポイントで投げる技術があった上での話でしょ。まあでも、一応チャレンジしてみます」

 松岡さん、狙いに狙ったラスト1球は……惜しくもジャックボールを逸れて後方に転がっていった……。

松岡「アハハ。絶対に無理だとわかっていたから、悔しくありません。いや……やっぱり悔しいな。これ、当たりそうな気がするから面白いんですね」

 松岡修造、無念の敗戦……。2人は挨拶を交わす。試合は終わったが、対談はまだまだ続いていく。
                          (以下次号/構成・小堀隆司)

関連記事

BACK 1 2 3 4
廣瀬隆喜
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ