SCORE CARDBACK NUMBER

フィギュアで芸術的探求を。
カリーとクランストンと羽生。
~男性が美しく踊る、ということ~

posted2019/06/21 07:30

 
フィギュアで芸術的探求を。カリーとクランストンと羽生。~男性が美しく踊る、ということ~<Number Web> photograph by Getty Images

インスブルック五輪で金メダルを獲得したジョン・カリー(左)と、銅のトーラー・クランストン。時代の転換点だった。

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 芸術とスポーツをいかに共存させ、極めるか。今やフィギュアスケートにおいて当たり前ともいえる課題だが、芸術的な探求にスポットライトが当たるようになったのは1970年代だった。フィギュア界における芸術の祖といわれる1人、英国のジョン・カリーのドキュメンタリー映画『氷上の王、ジョン・カリー』が公開され、話題を呼んでいる。

 カリーは、バレエの基礎を生かし、指先や足先まで繊細な動きにこだわった美しさが魅力。難しい技術を正確無比にこなす演技で、'76年インスブルック五輪で金メダルを獲得した。同時にゲイであることを不本意なかたちで公にされ、社会的偏見にさらされた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ジョン・カリー
トーラー・クランストン
羽生結弦

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ