“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

森保監督が呼び続ける19歳のGK。
大迫敬介「僕は練習生じゃない」 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/15 17:30

森保監督が呼び続ける19歳のGK。大迫敬介「僕は練習生じゃない」<Number Web> photograph by Getty Images

19歳でA代表招集となったGK大迫敬介。コパ・アメリカのピッチに立つことはできるか。

真剣勝負の場に“ローテ”はない。

 U-20W杯はラウンド16で韓国に敗れたことで、2年間の活動の幕を閉じた。彼自身もキリンチャレンジカップでは出番なしで終わった。

 これから始まるコパ・アメリカでは、同様にキリンチャレンジカップで出番がなかった川島、U-22日本代表の正GKである小島亨介と、3人で1つの椅子を争うことになる。

 しかも、舞台は南米の強国たちが喉から手が出るほど「優勝」を欲しているコパ・アメリカだ。この大会に照準を合わせて、ベストメンバーで臨んでくるだけに、日本が「経験を積ませるためのローテーション」なんてことはあり得ない。

 ライバルの2人からレギュラーの座を勝ち取らないと試合には出れない。コパ・アメリカも全試合ベンチを温めることになる可能性も有りうるだろう。

「韓国戦後、(U-20日本代表の)仲間たちからLINEが来て、『こんなに悔しいことはない』と言っていた。それはW杯の舞台で真剣にぶつかり合ったからこそだと思うし、その場に立たないと分からないことはたくさんあると思う。

 だからこそ、コパ・アメリカでは絶対に自分がゴールマウスを守る気持ちで日頃の練習に取り組みたい。今回、2つの大会に自分が呼んでもらえているのは、自分に何かしらの可能性を見出してもらえているから。

 キリンチャレンジカップで出られなかった悔しさや、練習をして感じたことをコパ・アメリカで出さないといけない。僕のストロングポイントは、状況に応じた決断力。迷うプレーがないのが強みだと思うので、コパで自分のパフォーマンスを出し切ることを考えたい」

 大迫敬介はまた一から始まるポジション争いを制し、威風堂々と日本代表のGKとしてゴールマウスの前に立つことを胸に、ブラジルへと飛び立った。

 世界との真っ向勝負をブラジルで経験する――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大迫敬介
サンフレッチェ広島

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ