Overseas ReportBACK NUMBER

サニブラウンを支えた仲間の存在。
「ハキームは本物のゲイターだよ」 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/06/14 11:45

サニブラウンを支えた仲間の存在。「ハキームは本物のゲイターだよ」<Number Web> photograph by AFLO

100m走は個人競技だが、ひとりでは強くなれない。サニブラウンにも支え合う仲間たちがいたのだ。

サニブラウンを奮い立たせた仲間への思い。

「ライアンはすごい練習でがんばっていた。個人ではここまで来られなかったのですが、せめて4継だけでも勝たせてあげられたら」

 クラークが個人種目での出場を逃し、落ち込んでいた姿、その後も懸命に練習していた姿を目にしていた。

「ライアンのためにも絶対に勝ちたい」

 その思いがサニブラウンを奮い立たせた。

 400mリレー決勝。フロリダ大学は5レーンに。

 2走のサニブラウンは、自己ベスト10秒02を持つ1走のレイモンド・イキヴォからバトンを受けると猛然と突き進んだ。わずかにリードし、3走のグラント・ホロウェイに。ホロウェイは大きなストライドでグイグイと圧倒し、アンカーのライアン・クラークへ。

 トップでバトンを受けたクラークは必死に、もがくようにフィニッシュラインを駆け抜けると、左手を上げ、顔をくしゃくしゃにした。4年生のクラークにとって、これが全米大学選手権、最後のレースだった。

 走った4人、チームメイト、コーチやスタッフの思いが形となり、優勝だけではなく、アメリカ大学記録という大きなご褒美もついてきた。

 チームメイトと喜びを分かち合うと、サニブラウンは足早にウォームアップ場に戻っていった。大きな笑顔を浮かべながら。

溶け込むのを待ってくれたチームメイトたち。

 入学当初、怪我の影響でチームメイトと別メニューで練習を行うことも多かったサニブラウンは、チームに今ひとつ馴染めず、大会での応援などにも積極的に加わることはなかった。「(応援歌の歌詞も)何を言っているのか分からなかった」と言うように、留学生特有の悩みも抱えていた。

 そんなサニブラウンをチームメイト達は温かく見守っていた。無理強いしなくてもいつか輪に入ってくるはず。それを待とう。

【次ページ】 好結果の裏にあった仲間の信頼。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サニブラウン・アブデルハキーム
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ