オリンピックPRESSBACK NUMBER

平成最後の「山の神」がさらに進化。
国学院大・浦野雄平は平地でも強い。

posted2019/06/07 11:30

 
平成最後の「山の神」がさらに進化。国学院大・浦野雄平は平地でも強い。<Number Web> photograph by Takashi Okui

2019年新春の箱根駅伝5区で疾走した浦野雄平。オールラウンダーとして磨きをかけている。

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph by

Takashi Okui

 平成最後の箱根駅伝で「山の神」と呼ばれた男は平地でも強い。

 約5カ月前、山上りの5区で区間新記録を塗り替えた国学院大の浦野雄平(4年)は、5月23日から26日まで開催されていた関東インカレ男子2部の10000mと5000mでも堂々の日本人トップでフィニッシュ。ライバルを寄せ付けない力強い走りには、学生トップランナーの風格が漂っていた。

「(10000mは)気持ちも体も余裕を持って走れた。これを当たり前にしていかないといけない」

 大会初日の10000mでは3月の日本学生ハーフマラソンで2位に入った駒澤大の中村大聖(4年)、青山学院大のエース、鈴木塁人(4年)らを序盤で引き離し、最後まで狙い通りのレースを展開。国学院大の前田康弘監督から「日本人で一番強いところを見せる大会にしよう」という指示を受け、ハイペースの留学生にはあえて付いていかず、スタミナ配分を考えながら日本人トップを守り続けた。

留学生に勝負を挑んで6位入賞。

 当日、相模原ギオンスタジアムはスタートの17時過ぎでも気温が高く、レース中盤からへたる選手が続出。それでも、前を走る赤と黒のユニホームの男は表情ひとつ変えず、淡々とラップを刻む。

 終盤にはペースをぐっと上げ、並走していた日本薬科大のノア・キプリモを8000m付近で置き去りにして4位入賞。レース後も余力が残っていた。肩で息をすることもなく、すぐに仲間と談笑。「いつもなら前の留学生にも付いて行った」と涼しい顔でさらり。

 最終日の5000mは、留学生たちに日本人ひとりで勝負を挑み、6位入賞。最後は力負けしたが、今年1月の箱根駅伝を走った青山学院大、駒澤大、帝京大の実力者たちは、はるか遠く後ろにいた。

【次ページ】 東洋大・相澤に対抗心を燃やす。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

浦野雄平
国学院大学

陸上の前後のコラム

ページトップ