メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

花巻東対決ならず全米もガックリ。
菊池雄星vs.大谷翔平は実現するか。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/03 17:30

花巻東対決ならず全米もガックリ。菊池雄星vs.大谷翔平は実現するか。<Number Web> photograph by Kyodo News

花巻東高校出身の先輩・菊池雄星と後輩・大谷翔平。2人の対決には、日本のみならず米国メディアも注目している。

今週も直接対決があるが……。

 オースマス監督は大谷に休養を与えた理由をきちんと説明した。

「左投手たちとの数字、その他いくつかの数字を見て、大谷の休養はここ(菊池登板)が良い日だろうと考えた」

 対戦は持ち越し。それでも、この時点では救いもあった。

 6月7日から9日(日本時間8日から10日)にエンゼルスタジアムに場所を移しての3連戦がすぐに控えていたからである。

 ところが、状況は一転した。今度はマリナーズのサービス監督が動いた。

 5月25日のアスレチックス戦で4回途中5失点、30日のエンゼルス戦でも4回途中6失点。2試合連続ノックアウトが続いた菊池に対し、指揮官は「精神的、肉体的に充電が必要と判断した」と説明し、当面のローテーションから菊池を外すことを発表した。さらには復帰登板日は「決まっていない」と言った。

 日本人同窓対決。

 '07年6月16日の桑田真澄(パイレーツ)vs.松井稼頭央(ロッキーズ)のPL学園対決以来となる高校の先輩・後輩対決。ふたりの花巻東対決は、ロサンゼルスで実現するのか。

“肩すかし”のあとは“お預け”。こんな状況が続くのは勘弁してほしい。

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
菊池雄星
シアトル・マリナーズ
ロサンゼルス・エンゼルス
花巻東高校

MLBの前後の記事

ページトップ