武蔵丸の辛口御免 Oh!相撲BACK NUMBER

武蔵丸が見た令和初の夏場所。
「朝乃山、初優勝は忘れて!」の意味。

posted2019/05/29 08:00

 
武蔵丸が見た令和初の夏場所。「朝乃山、初優勝は忘れて!」の意味。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

「アメリカ合衆国大統領杯」の最初の受賞者は朝乃山に。来年以降も、夏場所の優勝者に贈られることになった。

text by

武蔵川光偉

武蔵川光偉Musashigawa Mitsuhide

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama/JMPA

現在は、武蔵川部屋の師匠として弟子を預かる、第67代横綱の武蔵丸。平成の大相撲ブームを支えたひとりとして“辛口”コメントも冴え渡る。陽気なハワイアンならではの“フランクさ”で、縦横無尽に大相撲本場所を斬りまくる新連載!

 令和時代初の大相撲本場所が終わったね。前頭8枚目の朝乃山が初優勝し、相撲界にも新しい風が吹いてきた感じかな。横綱白鵬が休場していたけど、なんだか、すっかり忘れちゃっていたよ(笑)。

 昨年7月の名古屋場所では御嶽海、11月の九州場所では貴景勝、そして今年1月の初場所では玉鷲の優勝。「よし! オレも!」と若手力士たちの励みにも、刺激にもなっているはずなんだ。誰にでもチャンスがあるんだよね。

 今場所の朝乃山は、とにかく前に出ているのがよかったな。187センチ・177キロの恵まれた体格で、四つに組む本格派の25歳。今までの彼を見ていて、まだまだだな、というところもあったんだよね。体を後ろに反らせて相撲を取ることが多かったし、脚を開きすぎたり、強引な相撲があったりしたのに、今場所はそれがなかったんだ。

朝乃山へのアドバイス「初優勝は忘れること」。

 優勝を決めた14日目の豪栄道戦は、がっぷり組んで寄り切った、いい相撲だった。ただ、これは豪栄道もよくなかったんだよ。自分より大きい相手に胸を合わせちゃいけない。まわしを取られたら、もっと腰を振って動いて、掴まれたまわしを切らないとね。

 朝乃山は体もあるし、右差しの自分の形をもっと磨くと、本当に将来が楽しみな存在。これからのポイントは、「初優勝は忘れること」。優勝を喜ぶのは、本場所後の休暇1週間だけで終わりだよ(笑)。

 まだ三役経験もない地位での優勝。今後は焦らないで、それこそ1年掛けるつもりで、今より丈夫な体を作り、稽古する。そうすれば1年後とかには、大関も見えてくるんじゃないのかな?

 白鵬はじめ、上位陣とじゅうぶん渡り合える存在になっているはずだよ。

【次ページ】 貴景勝はしっかりケガを治してから出場を。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

武蔵丸
朝乃山
豪栄道
貴景勝
栃ノ心
ドナルド・トランプ

相撲の前後のコラム

ページトップ