ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

日ハム玉井大翔の逆転人生に見る、
リリーバーたちの人間ドラマ。
 

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/05/27 18:00

日ハム玉井大翔の逆転人生に見る、リリーバーたちの人間ドラマ。<Number Web> photograph by Kyodo News

観る者を感動させる逆転勝ちの裏には人生の逆転を狙うリリーバーたちの奮闘が隠れている。写真は昨年プロ3勝目を挙げた試合の玉井大翔。

過酷な任務を果たすリリーバー。

 リリーフ陣はチーム状況によって短期間で適宜、役割が変化する。勝ちパターンで起用される投手の偉大さは、舞台裏で目の当たりにする。抑えて当然であるとの期待を一身に背負い、失点するなど乱調だった場合にはクローズアップされるケースが多い。

 過酷な任務である。

 そんなリリーバーの中でも、さらに脚光を浴びることが少ないピースがある。大量のビハインドで登板する投手は、各球団に存在する。

 ワンサイドゲームはイニングが進むにつれて、試合としての興味は薄れていくだろう。

 ただ、応援する球団でも、相手球団でも良い。荒れに荒れたマウンドへと果敢に向かっていく投手のバックボーンを知り、心を寄せてみる。そこに新しい野球の楽しみが潜んでいるかもしれないのである。

 ビハインドからアヘッドへ――

 人生を変え、切り開いていこうとする勇気をもらえるような1球に、きっと遭遇できる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
北海道日本ハムファイターズ
吉田侑樹
玉井大翔

プロ野球の前後の記事

ページトップ