ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

井上尚弥が戦う「過去最強の相手」。
70秒KOから一転、技術戦の可能性?

posted2019/05/17 17:00

 
井上尚弥が戦う「過去最強の相手」。70秒KOから一転、技術戦の可能性?<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

「事実上の決勝」と騒がれる一戦を前に、会見で睨みを利かせる両者。井上尚弥(左)同様、エマヌエル・ロドリゲスもいまだ無敗。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

REUTERS/AFLO

 世界を驚かすWBA世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥(大橋)がいよいよ英国のリングでIBF同級王者、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と拳を交える。

 試合はバンタム級最強を決定するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝の1つ。最高の檜舞台で“モンスター”はいかなるパフォーマンスを発揮してくれるのか。試合の行方を占った。

 快進撃を続ける井上がその力を満天下に知らしめたのが2018年だった。バンタム級にクラスを上げて、いきなりWBA王者のジェイミー・マクドネル(英)を初回TKO。未知の階級で10年間負けていなかった王者を圧倒したのには驚かされたが、続くWBSS初戦で元WBAスーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)までも日本人選手の世界戦で最速となる70秒で沈めてしまったのだから、もはや漫画の世界だった。

 井上の強さはあらためて言うまでもなく、その強打と抜群の距離感にある。

 加えて近年は、集中力が一段と研ぎ澄まされ、居合の達人のように相手の一瞬のスキを逃さないすごみも増してきた。もう手が付けられないとは井上のことである。

今度こそ“産みの苦しみ”を味わう?

 試合を見ているファンも、そうした雰囲気を十分に感じ取っていることだろう。「次はもっとすごいパフォーマンスを見たい」と期待を膨らませるのはある意味当然と言えるだろう。ただし、そんな思いに冷や水を浴びせるわけではないが、「今度こそは井上が“産みの苦しみ”を味わうのではないか」という材料をいくつか紹介したい。

 まずは“衝撃の2連続1ラウンドKO”がもたらすマイナス効果だ。

 いい試合をしたあとは、さらなる期待にこたえようと思うあまり、試合内容が乱れるケースがよくある。どこかに「またKOできる」という心のスキが生まれることも珍しくはない。歴史上のどんな名ボクサーでもすべての試合が素晴らしいわけではないのだ。

【次ページ】 井上は1カ月スパーリングなし。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上尚弥
エマヌエル・ロドリゲス

ボクシングの前後のコラム

ページトップ