Number ExBACK NUMBER

「プロレス総選挙 THE FINAL」第2次速報。
投票2万人を突破、トップ3に変動が!! 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2019/05/15 18:00

「プロレス総選挙 THE FINAL」第2次速報。投票2万人を突破、トップ3に変動が!!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

激アツ! トップ10入りが見えた!

第14位は……鈴木みのる選手(パンクラスMISSION)

 50歳を超えてもなお、現役として強い存在感を発し続ける鈴木軍のボスも前回同様14位をキープ。

第13位は……獣神サンダー・ライガー選手(新日本)

 来年1月での引退を発表、対戦を希望する選手が次々に声をあげるジュニアヘビー級のレジェンドは1つ順位を落として13位に。

第12位は……鷹木信悟選手(フリー)

 DRAGON GATEのマットを降り、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの新パレハとなった。鷹木選手は前回の10位から2ランクダウン。

第11位は……黒潮“イケメン”二郎選手(フリー)

 WRESTLE-1を退団し、米WWE入りを目指し準備を進めるナルシストは僅差でトップ10入りならず。前回同様11位に。

第10位は……中邑真輔選手(WWE)

 前回9位から1ランクダウン。昨年3位の米国で話題を呼ぶスターがまさかの10位に。

第9位は……ケニー・オメガ選手(AEW)

 今年1月に新日本を退団、アメリカの新団体AEWに参戦したケニー選手も前回8位から1ランクダウン。

第8位は……丸藤正道選手(NOAH)

 昨年デビュー20周年、プロレスリング・ノアを率いる丸藤選手が前回の13位から大きくジャンプアップ。5ランクアップの8位に。

第7位は……宮原健斗選手(全日本)

 三冠ヘビー級王者として2001年の天龍源一郎以来18年ぶりにチャンピオンカーニバルを制した、令和時代の全日本のエースは前回同様7位をキープ。

第6位は……高橋ヒロム選手(新日本)

 昨年の首の負傷から欠場が続く、元IWGPジュニアヘビー級王者は1ランク順位を落として6位に。

【次ページ】 1位を狙う猛者が勢揃いのベスト5!

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内藤哲也
棚橋弘至
オカダ・カズチカ
飯伏幸太
SANADA
高橋ヒロム
宮原健斗
丸藤正道
ケニー・オメガ
中邑真輔

プロレスの前後のコラム

ページトップ