JリーグPRESSBACK NUMBER

苦しむエスパルス、悩める鄭大世。
「今はいい時がくるのを待っている」 

text by

キム・ミョンウ

キム・ミョンウKim Myung Wook

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/05/16 11:45

苦しむエスパルス、悩める鄭大世。「今はいい時がくるのを待っている」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

J1第7節ジュビロ磐田戦で先制点を決め、雄叫びを上げる鄭大世。静岡ダービーを制した「価値あるゴール」だった。

「いぶし銀の選手でいたい」

 FWはゴールを決めることが仕事。ただ、得点を量産するだけが役割ではない。鄭大世も自分の役割をしっかりと認識している。

「前線で体を張り、ルーズボールを拾い、守備も徹底的にやる。簡単にボールをはたいて、ゴール前で動き出してクロスに合わせたり、時にはシュートへの積極性を見せたり、それが自分の良さだと今は確信しています。幅広く自分の良さをピッチで出していきたい」

 相変わらず表現力が豊かで饒舌な彼が、少し考えて最後にこう言った。

「一瞬の輝きじゃなくて、いぶし銀の選手でいたいですね」

 同じ1点を決めるにしても、そこに到達するまでのプロセスを、見る人が想像できる選手でありたい――。そんな価値のあるゴールを決めるため、鄭大世は前を向く。

関連記事

BACK 1 2 3 4
清水エスパルス
鄭大世

Jリーグの前後の記事

ページトップ