バレーボールPRESSBACK NUMBER

石川祐希、柳田将洋を活かすために。
代表セッター関田誠大が誓う進化。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byPaolo Nucci/AFLO

posted2019/05/15 11:30

石川祐希、柳田将洋を活かすために。代表セッター関田誠大が誓う進化。<Number Web> photograph by Paolo Nucci/AFLO

昨年9月の世界選手権に出場した関田は「僕たちがベストなプレーをすれば決して戦えない相手じゃないと感じた」と話した。

セッターの座を巡る熾烈な競争。

 代表での実績を持つ藤井直伸や深津英臣、その兄でJTサンダーズを上位に導いてきた深津旭弘などと最終エントリーの座を争うこととなる。

 関田の売りは何か。

「安定性を求めていきたいです。そして、アタッカーを生かし切るトスを上げることです。それによって、みんなが世界に通用するアタッカーになれるように……。石川はイタリアで、リーグの個人ランキングで上位に入る活躍をしました。彼の能力を生かすトスを上げることは僕でも可能だと思っています」

 日本代表チームではスピードのある攻撃も求められているという。

「速さと言っても、アタッカーが打ちにくいのでは意味がありません。今、練習で求めているのは、速過ぎるトスではないと思います。高さも落とさず、アタッカーが打ちやすいトスを心がけています」

 今年度の日本代表も柳田、石川がチームの軸となる。

「石川、柳田さん、そして西田有志が軸ですね。サイドの攻撃力を生かすために、センター線の攻撃が重要になってくる。クイックやパイプは上げる本数だけではなくて、インパクトというか、『センターからの攻撃がある』と相手に印象付けることが重要だと思ってます。それに、ミドルブロッカーの攻撃とパイプを織り交ぜていかないと、サイドの攻撃力が生かせませんから」

中学生の関田が見た北京予選。

 2008年、当時中学生だった関田は北京オリンピック世界最終予選で男子日本代表チームが出場権を獲得する様子をテレビで見たという。その経験が「バレーボールをしていて最もオリンピックを間近に感じた瞬間」だと話す。

「チーム、体育館が一体になっていて、それがすごく『いいな』と思いました」

 セッター志望で入ったクラブでは当初は球拾いだったが、練習を積んで3年生から正セッターとなった。

【次ページ】 まずはネーションズリーグに。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

関田誠大
柳田将洋
石川祐希
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ