バレーボールPRESSBACK NUMBER

石川祐希、柳田将洋を活かすために。
代表セッター関田誠大が誓う進化。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byPaolo Nucci/AFLO

posted2019/05/15 11:30

石川祐希、柳田将洋を活かすために。代表セッター関田誠大が誓う進化。<Number Web> photograph by Paolo Nucci/AFLO

昨年9月の世界選手権に出場した関田は「僕たちがベストなプレーをすれば決して戦えない相手じゃないと感じた」と話した。

まずはネーションズリーグに。

「アタッカーが気持ちよく打ってくれたときが、セッターをしていていちばんうれしい瞬間です」と語る関田が、オリンピック出場という夢を叶えるためにも、今年度の結果が選考に大きな影響を及ぼすだろう。

「昨年の世界選手権では、僕たちがベストなプレーをすれば決して戦えない相手じゃないと感じました。ただ、それは逆に『ベストを出さないと勝てない相手』でもあります」

 すべての選手がベストを尽くして戦えるよう、ゲームメークをするのも司令塔の仕事だ。

「今年のワールドカップ、そして来年の東京オリンピックに出場するためには、まずはネーションズリーグのメンバーに残ることが大事。絶対に残ります」

 代表4年目、正セッターを目指して進化を誓う。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

関田誠大
柳田将洋
石川祐希
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ