テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみは赤土を克服できるか。
「ゾンビモード」でマドリード16強。 

text by

長谷部良太

長谷部良太Ryota Hasebe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/08 11:40

大坂なおみは赤土を克服できるか。「ゾンビモード」でマドリード16強。<Number Web> photograph by Getty Images

得意のハードコートでは世界一を証明した大坂なおみ。クレー、芝でも自分の力を発揮すれば、勝利は見えている。

クレーの「好き度」は上昇中。

 ハードコートの全米オープンと全豪オープンを制し、クレー最高峰の舞台となる全仏オープン(5月26日開幕、パリ)では四大大会3連覇が懸かる。大坂は、21歳にして赤土を克服できるだろうか。

「クレーで一番きついのは、球の弾み方が不規則なこと。でも、それほど悪いことでもない。まだ、私はクレーを好きになり始めたばかりだし」

 言葉の端々から、徐々に苦手意識が薄れているのが感じ取れる。

 記者会見の最後。3種類のサーフェスの「好き度」具合を、手を使って高さで示してくれた。

「一番高いのはもちろんハードで、低いのは芝。クレーは、その中間くらいかな」

 昨季までは芝と同じくらい低い位置にあったであろうクレーの手の位置は、もう既にぐんと上がっている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大坂なおみ

テニスの前後の記事

ページトップ