Number ExBACK NUMBER

「FWとして勝負できるクラブへ」
岡崎慎司が移籍を決意するまで。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byTomoko Nagakawa

posted2019/05/01 11:30

「FWとして勝負できるクラブへ」岡崎慎司が移籍を決意するまで。<Number Web> photograph by Tomoko Nagakawa

冬の移籍市場では同じリーグのハダースフィールドなどからオファーが来ていたというが、果たしてどこへ移籍するのだろうか。

「試合にも出ていないし、プライドもない」

 しかし、33歳のストライカーにとって、移籍先探しは容易ではないだろう。レスターでの残り2試合はマンチェスター・シティ、チェルシーとビッグクラブとの対戦が続くが、そこでのチャンスはわずかかもしれない。それでも負傷のない好コンディションであることを示せれば、日本代表への招集の可能性はある。

 代表招集が叶えば、6月にはコパアメリカが待っている。移籍マーケットへ強いインパクトを残すための好舞台とも言える。約1年間のブランクがあるなかで、現状のチームにいかにマッチし、そこで違いを見せられるか。その勝負では「過去の実績は関係ない」と岡崎は言う。

「試合にも出ていないし、プライドもない。だから、本当にゼロからなんです」

 思えば、レスターへ移籍したときも、過去のキャリアをリセットする気持ちで挑戦した。それから4シーズン、プレミアリーグ優勝、チャンピオンズリーグベスト8進出などを体験し、手ごたえもつかんだ。しかし、それに甘んじることなく、フレッシュな状態で新たな挑戦の場を探す。

4月25日発売のNumber977号「平成五輪秘録」では、第2特集で現在イングランド・プレミアリーグの優勝争いを繰り広げるリバプールとマンチェスター・シティについての記事を4本掲載。岡崎慎司選手が同じストライカーの目線から、マンチェスター・シティの“必殺仕事人”セルヒオ・アグエロについて語ってくれています。
平成五輪秘録。

Sports Graphic Number 977

平成五輪秘録。

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岡崎慎司
レスター

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ