Number PLAYBACKBACK NUMBER

追悼・小出義雄/全ランナーへの言葉。
「笑顔で走れば結果はついてきます」 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2019/04/25 13:30

追悼・小出義雄/全ランナーへの言葉。「笑顔で走れば結果はついてきます」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

インタビュー中も終始穏やか、ニコニコした表情で答えてくださった小出義雄監督(2014年当時)。

フォームから入ったらダメ。マイフォームが一番だよ。

 では、大会までにマラソン初心者はなにをするべきなのか。心構えならびに、気をつけるポイントについて訊いてみた。

「よくどんな姿勢で走ればいいか、フォームに悩んでいる人がいるけど、そんなの気にしなくて良いの。オレなんか、Qちゃん(高橋尚子)も有森(裕子)も直したことない。走り込んでいるうちに自然とフォームはよくなるから、素人は特にフォームから入ったらダメ。マイフォームが一番だよ(笑)」

 なにごとも自然体が一番! そう断言した上で、こんなアドバイスを付け加えた。

「腹筋、背筋が弱い人は後半に足が運べなくなるから、少し時間があるときにそういうところを鍛えておくと良いね」

 仕事や家事に追われていても、ちょっとした空き時間を使って体幹を鍛えることは可能だろう。雨で走れない日の練習としても、こうした補強運動は有効だ。

「だったら、練習を工夫するしかない」

「なんでも積み重ねなんだよね。エチオピアやケニアの選手がなんで速いか知ってる? 小学生だって毎日、40kmを歩いてるでしょ。学校へ片道10kmかけて、昼ご飯を食べるために家に帰ってきて、それからまた学校へ行く。マラソンを走る人はだから、タクシーなんか乗っちゃダメなの(笑)。

 ほんとは月に1度くらいは30kmとか長い距離を走った方が良いんだよ。でも、なかなか忙しくてできないでしょ。だったら、練習を工夫するしかない。一番良いのは、短い距離の中に全力で走る区間を設けること。平地じゃなくて坂道を走ったり、負荷を重くすることでも足は鍛えられるからね」

 練習は裏切らない、とはプロアスリートの口からよく聞かれる言葉だが、そのコツコツと努力する姿勢は我々も見習いたい。

【次ページ】 「机の上の理論を信じちゃダメだよ」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小出義雄
有森裕子
高橋尚子
鈴木博美
千葉真子
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ