プロ野球PRESSBACK NUMBER

ロッテ、オリックス、日本ハム……。
プロ野球×吹奏楽コラボが大人気! 

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph by(C)Chiba Lotte Marines

posted2019/04/26 15:00

ロッテ、オリックス、日本ハム……。プロ野球×吹奏楽コラボが大人気!<Number Web> photograph by (C)Chiba Lotte Marines

昨年のロッテと習志野高校吹奏楽部合同の応援風景。この試合は大好評で、今年も入場券は完売必至だ。

日本ハムは2015年から吹奏楽部とコラボ。

 北海道日本ハムファイターズも、道内の吹奏楽部とたびたびイベントを開催している。

 初めてコラボしたのは2015年のこと。高校野球が始まって100年目の節目を迎えたこの年、北北海道代表として旭川実業高校吹奏楽部、南北海道代表として駒澤大学苫小牧高校吹奏楽局が出演した。

 道内の甲子園出場校の中から、「最高位まで勝ち進んだ学校に出演を依頼した」といい、旭川実業は平成7年夏の甲子園でベスト8、駒沢苫小牧は平成16年と17年の夏、連続優勝を果たしている。

 昨年は、甲子園を目指す高校球児と、吹奏楽コンクールの全国大会を目指す吹奏楽部女子の青春を描いた漫画『青空エール』とのコラボイベントで、モデル校である札幌白石高校吹奏楽部が出演。『栄冠は君に輝く』や『ファイターズ讃歌』などを披露したほか、試合中も応援団の「闘将会」と一緒に選手の応援曲を演奏した。

 西川遥輝の打席では、通常の応援曲のほかに高校野球の定番応援曲『アフリカン・シンフォニー』も演奏。彼の母校の智辯和歌山が全国に広めた人気曲で、試合を大いに盛り上げていた。

選手も「『感動した』『テンションが上がる』」。

 札幌白石高校は、夏の甲子園をかけた南北海道大会の応援で、円山球場での演奏経験はあるが、札幌ドームは初めて。

「円山で演奏するのとは、また違った気持ちよさでした。3万人の前で吹く機会なんてないですし、中継を通じて全国の野球ファンが見てくれる。教員や父母の皆さんもたくさん来て喜んでくれて、とてもいい経験になりました」(札幌白石高校吹奏楽部顧問 鈴木恭輔氏)

 試合前は通常ロッカールームにいる選手たちも、吹奏楽部が出演する日はベンチに出てくる選手も多数いるといい、「『感動した』『テンションが上がる』など、とても好評です。球団としても、演奏する場を提供し、学校の仲間や同世代の人たちがドームで演奏することで、若い方にもプロ野球を身近に感じてもらえるとうれしいです」(北海道日本ハムファイターズ広報 見田浩樹氏)とのことだった。

【次ページ】 吹奏楽を楽しむ人たちが増えている!

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

習志野高校
千葉ロッテマリーンズ
大阪桐蔭高校
オリックス・バファローズ
札幌白石高校
北海道日本ハムファイターズ
福岡ソフトバンクホークス
精華女子高校

プロ野球の前後のコラム

ページトップ