話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

安部裕葵がU-20W杯で狙うもの。
欧州移籍と「満男さんの代」越え。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNaoki Morita/AFLO SPORT

posted2019/04/20 08:00

安部裕葵がU-20W杯で狙うもの。欧州移籍と「満男さんの代」越え。<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

今季から鹿島で10番を背負うなど、経験を積んでいる安部裕葵。U-20代表では中心選手として活躍が期待される。

大舞台を前に「普段どおり」。

 その重要な大会で安部は何を見せてくれるのだろうか。

「Jリーグと変わらないです。準備することも試合でやることも一緒ですし、日々の積み重ねだと思っているので、大会でも普段どおりの力が発揮できればいいかなと思います。いろんな面で鹿島というチームで経験させてもらっているんで、その経験値が僕の武器だと思っています。それを代表に還元したいですね」

 チーム内の誰もがその実力を認めてリスペクトすることで、絶対的な存在感を持つ選手が現れることがある。今のU-20日本代表では、久保と、鹿島のレギュラーとしてクラブW杯やACLなどの経験を持つ安部がそれにあたる。実際、チームメイトが安部に一目置いているのは、全日本大学選抜での試合からも見て取れた。

 その安部がどうチームをまとめ、引っ張り、結果を出していくのか。

 ――このU-20W杯の最高位は?

「準優勝ですよね。満男さんたちの代ですよね」

 安部はふっと笑みを浮かべて、そう言った。

 20年前、黄金世代が準優勝した時に生まれ、小笠原満男の薫陶を受けた鹿島の次代のエースが新たな歴史を作る戦いに挑む。偶然とは思えない不思議な縁が、何かを起こす期待をより膨らませてくれる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

安部裕葵
鹿島アントラーズ
小笠原満男
久保建英

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ