ゴルフPRESSBACK NUMBER

ウッズが得た「一番幸せな優勝」。
なぜ彼の雰囲気は変わったのか。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/04/16 11:40

ウッズが得た「一番幸せな優勝」。なぜ彼の雰囲気は変わったのか。<Number Web> photograph by AFLO

2018年のツアー選手権に続き、マスターズを制したタイガー・ウッズ。彼の完全復活をどれほどの人が信じていただろうか。

「一番大変な優勝」が「一番幸せな優勝」に。

 そして何より、マスターズという大会が存在し、輝いていた若きウッズも、輝きを失っていたころのウッズも、再び輝こうとしていた復帰途上のウッズも、どんなウッズをも受け入れてくれたこと、待っていてくれたこと。

 そうした要素要因がすべて絡み合い、ウッズを押し上げてくれた。

「すべての大会に意味がある。初出場した'95年大会。初優勝した'97年大会。あれから22年後の今、すべてが一緒になり、花開いた」

 花開いたその日、その場所で、ウッズは1人ではなく、たくさんの人々に囲まれていた。

「ここに、このオーガスタに、家族がいて、みんながいて、その中で勝つことができた。僕はこの日を決して忘れることはない」

 最上級の幸せを胸に刻んだ日。

「一番大変な優勝」は「一番幸せな優勝」になった。そんなドラマを見守った世界中の人々も、ウッズとともに心を震わせ、最上級の幸せを授かった――。

関連記事

BACK 1 2 3
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ