オリンピックへの道BACK NUMBER

順位や点数に収まらない美の衝撃。
世界選手権の羽生結弦の忘れがたさ。

posted2019/04/04 08:00

 
順位や点数に収まらない美の衝撃。世界選手権の羽生結弦の忘れがたさ。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

羽生結弦の世界選手権は2位に終わった。しかし、その言葉から溢れる真実が確かに存在した。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 それは忘れがたい演技だった。

 3月23日、世界フィギュアスケート選手権男子フリー。最終グループで登場した羽生結弦は、渾身の、あるいは魂のすべてを込めたとでも形容すべき演技を、さいたまスーパーアリーナの氷上に体現した。

 昨年11月のロシア杯で右足首を負傷して以来の大会だった。久しぶりの実戦だった。日本で行われる試合への出場も久々ということもあって、開幕前から羽生への注目は否応なく高まっていた。

 その中にあってショートプログラムに臨んだ羽生は、冒頭の4回転サルコウが2回転になるミスもあり、3位で折り返すことになった。

「今ものすごく悔しいので、フリーに向けて、今できることを1つずつ重ねたいと思います」

 そんな決意とともに迎えたフリーは、演技の前に行われる6分間練習から、明らかに気迫が異なっていた。リンクサイドへと足を踏み入れるとき、練習から引き上げるとき……。いつにない強い気持ちが込められているのが感じ取れた。

火の出るような4分間。

 いざ始まった演技では、プログラムの世界観を損なわず、同時に火の出るような4分を見せることになった。

 冒頭、4回転ループ。公式練習でも苦しんでいた難度の高いジャンプを成功させると、歓声と拍手が起こる――。そのあとの演技は、鮮烈な時間だった。

 決して、完璧だったわけではない。2つ目のジャンプである4回転サルコウは辛うじて転倒を防いで踏ん張るような姿勢となり、回転不足の判定を受けた。ステップも、最高のレベル4ではなく、レベル3であった。

【次ページ】 数字に収まらない忘れがたい演技。

1 2 3 NEXT
羽生結弦

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ