丸ちゃんのGreen TalkBACK NUMBER

選手とコーチの“良い関係”とは。
~丸山茂樹「いま、どんな人が必要か」~

posted2019/03/25 15:00

 
選手とコーチの“良い関係”とは。~丸山茂樹「いま、どんな人が必要か」~<Number Web> photograph by KYODO

全米、全豪を連覇した大坂は直後の今年2月、バイン氏(左)との契約解消を発表。

text by

丸山茂樹

丸山茂樹Shigeki Maruyama

PROFILE

photograph by

KYODO

 先日、テニス界で、四大大会2連勝を果たしたばかりの大坂なおみ選手がコーチのサーシャ・バインさんとの契約を解消するという話題がありました。原因は定かではありませんが、テニスと同様に個人競技であるゴルフにも選手とコーチが契約し、それを解消するという事例は多々あります。

 例えばタイガー・ウッズは10代の頃から、グレッグ・ノーマンを賞金王にしたことで知られるブッチ・ハーモンにコーチングを受け、その後、ハンク・ヘイニー、ショーン・フォーリー、そして怪我やスキャンダルによるブランクからの復活を目指す上で、2014年からクリス・コモという無名コーチと契約しました。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

大坂なおみ
サーシャ・バイン
丸山茂樹

ゴルフの前後のコラム

ページトップ