ゴルフPRESSBACK NUMBER

ゴルフの写真はワンパターンか?
カメラマンの苦悩、読者の興味。

posted2018/07/14 17:00

 
ゴルフの写真はワンパターンか?カメラマンの苦悩、読者の興味。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

笑顔、しかめ面、無表情……。選手がどんな表情で歩き、考え、打つかはやはり人となりを知る大きな手がかりになる。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

「ゴルフの写真」と一口に言っても、ゴルフコースを撮った写真もあれば、クラブやボールといったゴルフ用具を物撮りした写真、ゴルファーを撮ったポートレート写真もある。

 だが、プロゴルファーが試合で戦っているときの写真は「結構、ワンパターンだよね」という声が、時々、ゴルフ界以外に身を置く人々の間から漏れ聞こえてくる。

 クラブを振り終え、フィニッシュ・ポジションでボールの行方を見つめている写真。グリーン上でラインを読んでいる写真。

「たいてい、この2つしかない」と、ビジネスマンたちが笑いながら言っていたのを、都心のカフェの中で、たまたま聞いてしまったこともあった。

 なるほど。「2つ」なら、ワンパターンではなく、1つ増えてツーパターンだが、如何せん、バリエーションが枯渇していることに違いはない。

フォトグラファー特有の苦悩がある。

 少しでも写真に変化を付けるためにゴルフ専門のフォトグラファーは状況を変えて撮ることも心掛け、バンカーショットや水中ショットなどに挑む選手たちの姿を追いかける。バーディーパット、イーグルパットを見事に沈め、ガッツポーズを取る姿が撮れると、「よし、これで今日はOKだ!」と笑顔を見せたりもする。

 だが、そうした写真は1日中追いかけても撮れないことがある。なぜって、1回もバンカーに入らず、水中ショットに挑む必要性に巡り合わず、バーディーチャンスに全然付かなかったという日もゴルファーにはしばしばあるからだ。

 となると、毎日必ず撮れるのは、やっぱりスイングをし終わったときのフィニッシュのポーズとグリーン上でラインを読む姿。パットを打ち終わった瞬間ももちろん撮ることはできるが、動きが少ないせいか、「いい写真とは、あまり言われない」と、いつだったか、あるゴルフ・フォトグラファーがこぼしていた。

【次ページ】 ワンパターンに見えても、実際は個性が出る。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ゴルフの前後のコラム

ページトップ