JリーグPRESSBACK NUMBER

久保建英、体も心も急速に大人に。
「18歳の誕生日」まであと3カ月。

posted2019/03/11 11:40

 
久保建英、体も心も急速に大人に。「18歳の誕生日」まであと3カ月。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ゴールへ直結する仕事が着実に増えている久保建英。5月のU-20W杯で活躍すれば、世界からの視線もさらに過熱しそうだ。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 一番冷静なのは、久保建英かもしれない。

 FC東京に所属するこの17歳は、シーズン開幕から3試合連続でスタメン出場している。4-4-2の2列目右サイドのポジションを、しっかりとつかんだようだ。

 開幕から3試合連続でピッチに立っているのは、昨シーズンと同じである。ただ、そのすべては途中出場だった。チーム内での立ち位置は、明らかに変わっている。

 J3リーグに初出場した2016年11月当時は、身長167cmで体重が60kgだった。J1のピッチに初めて足を踏み入れた'17年11月は、170cmで63kgだった。

 今シーズンは173cm、67kgで登録されている。身体が大きくなってきたのは見た目にも明らかだが、変化の裏づけは数字だけではない。

指揮官も口にする久保の変化。

 2月23日の川崎フロンターレとの開幕戦で、FC東京は序盤から守勢に立たされた。サイドハーフもディフェンスにまわる時間が長いなかで、背番号15を着けた17歳は右サイドのスペースを埋め、1対1のバトルにも激しくチャレンジしていく。

 そのうえで、瞬時の判断から際どいスルーパスを通した。前半終了間際には、右ポスト直撃のFKを放っている。

「前半は風下でボールが落ち着かないなかで、DFの背後にいいボールを配球してくれた」とは、試合後の長谷川健太監督である。

 就任2年目の指揮官は久保のプレーについて、「素晴らしい、のひと言ですね。すべて成長している。精神的にも(昨シーズン途中に期限付き移籍で)F・マリノスへ行って、外の世界を知って、だんだんと大人のメンタルに変わりつつある。フィジカル的にもこれまでと同じイメージでプレーしても、相手にボールを奪われない、運べる、仕掛ける、といったことができるようになっている」と評価した。

【次ページ】 フィジカル強化で鮮明になった強み。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

FC東京
久保建英
長谷川健太

Jリーグの前後のコラム

ページトップ