スポーツ百珍BACK NUMBER

J本拠地のネーミングライツ大調査。
実は知らない正式名、多い業態は?

posted2019/03/01 18:30

 
J本拠地のネーミングライツ大調査。実は知らない正式名、多い業態は?<Number Web> photograph by J.LEAGUE

鳥栖vs.名古屋の開幕戦でお披露目となった「駅前不動産スタジアム」。看板、目立ってます。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「駅スタ」は「ベアスタ」だったし、「サンアル」は「アルウィン」だったよな……。

 2月22日に開幕したJリーグ。イニエスタやフェルナンド・トーレスだけじゃなく、今季からビジャも来日するなど活況だ。そんな中でトーレスが所属するサガンの本拠地「鳥栖スタジアム」が、昨年までの「ベストアメニティスタジアム」から「駅前不動産スタジアム」と名称変更。Jリーグ好きがざわついた。

 筆者も正直びっくりしたが、考えてみればベストアメニティが実際に何をやってる企業なのか、知ってるようで知らなかった。調べてみると福岡県久留米市に本社を置く「食品卸売・レストラン事業」とのこと。そんなことも知らずに「ベアスタ」と略し続けたことを今さら申し訳なく思った次第である。

 また「サンアル」のように、長年使われた愛称がネーミングライツ導入によって呼び方が変わった、なんてケースもある。

命名権を持った企業の業態って?

「このネーミングライツの会社って、どんなことしてるんだろ?」

 Jリーグを見てて、ふと、そんな風に思うことはないだろうか。

 今週末、スタジアムに足を運んだり映像で楽しむサポーターも多いだろう。せっかくなのだから試合前に豆知識を学んでも損はない。2019年開幕時点でのJ1~J3全クラブ本拠地の名称と略称、そして命名権を持っている企業の業種について調べてみた。

 なおホームスタジアムはJリーグ公式サイトに掲載されているものに準拠した。※マークはネーミングライツではないスタジアムだ。

<J1>
札幌:札幌ドーム/札幌ド※
仙台:ユアテックスタジアム仙台/ユアスタ(電気など総合設備工事)
鹿島:県立カシマサッカースタジアム/カシマ※
浦和:埼玉スタジアム2002/埼スタ※
FC東京:味の素スタジアム/味スタ(食品製造)
川崎:等々力陸上競技場/等々力※
横浜FM:日産スタジアム/日産ス(自動車製造)
湘南:Shonan BMW スタジアム平塚/BMWス(自動車販売)
松本:サンプロ アルウィン/サンアル(住宅建築・不動産)
清水:IAIスタジアム日本平/アイスタ(アイエイアイ/ロボット開発・製造)
磐田:ヤマハスタジアム/ヤマハ※
名古屋:パロマ瑞穂スタジアム/パロ瑞穂(湯沸器、ガス暖房製造)
G大阪:パナソニック スタジアム吹田/パナスタ(電機メーカー)
C大阪:ヤンマースタジアム長居/ヤンマー(農機、小型船舶など製造)
神戸:ノエビアスタジアム神戸/ノエスタ(化粧品メーカー)
広島:エディオンスタジアム広島/Eスタ(家電量販店)
鳥栖:駅前不動産スタジアム/駅スタ(不動産)
大分:大分銀行ドーム/大銀ド(銀行)※3月から昭和電工ドーム大分
ネーミングライツ導入:13/18

【次ページ】 元祖は味スタ、浦和の場合……。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サガン鳥栖

Jリーグの前後のコラム

ページトップ