“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

コンサドーレ不動の10番・宮澤裕樹。
FW→トップ下→ボランチ→CBの心の旅。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/02/28 11:15

コンサドーレ不動の10番・宮澤裕樹。FW→トップ下→ボランチ→CBの心の旅。<Number Web> photograph by Takahito Ando

強いキャプテンシーでチームを牽引する宮澤裕樹。コンサドーレの精神的な核となり、チームの成績に責任を持つ立場となった。

「『やれ』と言われたら出来ちゃう(笑)」

 取材の最後、筆者が「3バックの真ん中と言えば、ペトロヴィッチサッカーの肝となるポジション。守備力、ビルドアップ能力、パスセンス。この3つがないとミシャのサッカーで3バックの真ん中はできないと思うが?」と投げかけると、クールな表情の中にフッと笑みを浮かべ、こう切り返しながらバスに乗り込んでいった……。

「それを任せられていることは非常に嬉しいことですし、チームでそこでやれる自信はついてきていますから。自分の役割はきちんと分かっているつもりなので、そこで自分の能力を全部出し切って、チームの勝利に貢献したいと思います。

 俺、『やれ』と言われたら、出来ちゃうから(笑)。あと、もうどんどんポジション下がっていっていますから、俺(笑)」

 FW→トップ下→ボランチ→CB。

 これ以上、下がるとなるとGKしかないだろう――それは冗談として、年齢を重ねるごとにポジションが下がっているということは、それだけチームにとって「支える」存在になっている証でもある。

 彼の中で起きた意識変化は、まさに必然のものであったということだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
宮澤裕樹
北海道コンサドーレ札幌
湘南ベルマーレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ