Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<MLBスーパースター2018>
マニー・マチャド
「トレード狂騒曲に乗ってゆけ」 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2018/08/28 15:00

<MLBスーパースター2018>マニー・マチャド「トレード狂騒曲に乗ってゆけ」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi
 今年のメジャーは7月だけで50件超のトレードが成立。
 中でも強打の遊撃手マチャドは移籍先のドジャースにとって30年ぶりの世界一を目指す上で実に頼もしい勝利の使者だ。
 真夏のトレード戦線と、各球団の思惑の深層に迫る。

 熱に浮かされたような狂騒曲。フィールド上の戦いを上回るような激しい争奪戦。従来の6月15日から、現行の7月31日に締め切り期限が設定された制約なきトレードは1986年に改定されたものだが、今年はかつて例を見ないスピード、件数、規模で成立していった。8月に入るとトレード対象選手のウエーバー公示が必要となり、他球団から横やりが入るというリスクを負うことになるが、それでも勢いは衰えそうにない。壮絶ともいえるトレード合戦は一体なぜ起こったのか――。


 オールスターブレーク直後、後半戦に入った7月20日のミルウォーキー。大学の階段教室を思わせるミラーパーク内のインタビュールームで、今夏のトレードの超目玉といわれ、オールスターでは誰よりも多くのメディアに追いかけられていたマニー・マチャドの会見が行われた。まず、あいさつに立ったのは、ヤンキースをはじめ7球団ともいわれる争奪戦に勝利したドジャースのファーハン・ザイディGMだ。喜色満面。その喜びは隠しようがない。

「この夏のトレード市場で最もインパクトがあり、特別な才能を持った選手を獲得できたことで、地区6連覇、ワールドシリーズ制覇に向けて戦う態勢は整った」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3186文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。
マニー・マチャド
ロサンゼルス・ドジャース

MLBの前後の記事

ページトップ